佐賀県医師支援センター

織田病院

臨床研修の特長

  • オーダーメイドで将来を見据えた研修
  • メリハリをつけて効率の良い研修
  • 度胸をつけて自信のつく研修

 毎年、地域医療研修を中心に、たくさんの初期研修医の先生に来て頂いています。内科研修での手技、コモンディジーズの経験はもちろんのこと、在宅医療や希望する進路に応じた選択科の研修も可能です。

 さらには、オンライン診療、AI問診など、ICTを活用した最先端の取り組みも経験できます。2022年度からは佐賀大学病院とのたすき掛けで1年目からの初期研修も開始し、臨床研修体制のさらなる充実を図っています。

診療科

内科(総合内科、肝胆膵・糖尿病内科、血液内科、呼吸器内科、消化器内科)、循環器・胸部心臓血管外科、外科 脳神経外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、形成外科、麻酔科ペインクリニック、放射線科、リハビリテーション科

医学生・研修医へメッセージ

初期臨床研修プログラム責任者
織田 良正先生

初期臨床研修
プログラム責任者
織田 良正先生

 「小規模ながらも、独自のノウハウで型にはまらない中身の濃い初期研修を行います。織田病院で時代に応じた初期研修を一緒に創っていきませんか?お待ちしています!」

先輩メッセージ

2年目研修医K.B.(2020年度)

救外で感冒や腸炎などのいわゆるcommon diseaseを始め、外傷や敗血症性ショックなど初期対応が難しい症例も経験できた。

2年目研修医M.K.(2020年度)

総合診療科で救急外来と病棟に加え、3年目以降専攻する診療科での研修もすることができた。

2年目研修医Y.M.(2020年度)

何もかも初めての経験で、すごく新鮮で毎日出勤が楽しかった。

2年目研修医N.G.(2021年度)

この1ヶ月間を通して、地域医療の重要性を再認識すると同時に、来年以降の後期研修に向けて一般外来診療スキルも向上できた。

2年目研修医O.N.(2021年度)

訪問診療、内科の定期外来やオンライン診療、そして救急外来でのファーストタッチ、夜間の急患への対応のスピード感と線引き、病状説明や感染症や自己免疫疾患の治療、様々な手技など、沢山の事を経験できた。

織田病院 研修体験記

臨床研修の内容

  • 手技
    気管挿管、胸腔ドレーン挿入、腰椎穿刺、胸水穿刺、腹水穿刺 etc
  • 検査
    腹部エコー、心エコー、グラム染色 etc
  • 手術
    鼻中隔矯正術、下肢静脈瘤切除術 etc
  • 診療
    オンライン診療、訪問診療、在宅看取り etc
  • 学術
    学会発表、論文投稿

連携するプログラム

織田病院HP

HOME > 臨床研修施設 > 織田病院

ページTOP